tomono_hideki_detail

tomono_hideki

友野 秀樹ともの ひでき

シンクロプラス 代表 講演家

ビジネスコミュニティSynchroplaza 代表
FM番組『22世紀に残すもの』プロデューサー
FM番組『シンクロプラス』パーソナリティ
一般社団法人 倫理研究所 法人レクチャラー
豊島区倫理法人会 相談役 同 第8代会長(2012年9月~2015年8月)

経歴

1960年 奄美大島生まれ 横浜育ち
1982年 専修大学経済学部卒 東電同窓電機入社、後に国際通信機器の開発・販売を経て、1988年、パソコン周辺機器の株式会社メルコに入社
(現(株)メルコホールディンス傘下の(株)バッファロー)
同社が社員30名程度だった黎明期から東証一部上場へと駆け上がる貴重な過程を経験、東京・大阪・名古屋と主要マーケットでの営業拠点長を歴任した後、2001年に退職。

2003年 有限会社WinWinビジネスコーディネートを設立、代表取締役に就任。
メルコで学んだベンチャー精神と学生時代から修行した武道の精神で、「未来の常識を必要とする人へ届ける!」をテーマに、顧客・自社・社会、三方良しの経営相談活動を開始。
常識の枠を超えた”アイデア”と”ひらめき”のあるシンクロマスターとして好評を得る。

2008年、レインボータウンFMラジオへの出演を機にビジネス対談コーナーを担当、価値ある商品・サービスを持つ多くの企業を紹介して成果を上げる。さらにソーシャルメディア時代の到来を予測してラジオの新しい在り方を提案、同番組から派生した番組数は25番組以上にもなり、輩出した番組パーソナリティーは10人を超えて現在も活躍中。

一方、豊島区倫理法人会では第8代会長を3年間務め、『この世のあらゆる物事は、隠れた次元でひと繋がりで結ばれている』という「全一統体の原理」から、自身に頻繁に起きていた『シンクロニシティ現象』が原理に基づく事を確信、ビジネスマッチングで自らシンクロを起こすことで価値あるビジネスに光を当てるマッチング集団「SynchroPlaza(シンクロプラザ)」を2015年5月組織し、その代表に就任、十数名のプロメンバーと活動中。